meetroid

AIで出会いを科学するWEBメディア

「特集」の記事一覧

出会いがないと絶望した私が出会い系サイトに手を出した結果

出会いがない。セックスできない。

人生においてモテ期は3回ある……みたいに言われていますが、逆に超絶モテない期も3~4回ぐらいある気がしませんか?

私にもその超絶モテない期が過去2回ほどありまして、それぞれ21歳と28歳の時でしたね。

職場や日々私が出歩く場所、環境にとにかく新しい女性との出会いがなく、周囲の雰囲気は得も言われぬ閉塞感に包まれていました。

「あかん、詰んだ。」

多くの男性が直感でそう分かるであろうその状況、もしかしてあなたにも経験があるのではないでしょうか?

そんな絶望の淵に立たされた私が出会い系サイトに手を出した結果について、今回は語らせていただこうと思います。

ガチ処女とのセックスは女をレイプしてるみたいで気持ち良かった

ちょっと前に28歳の会社勤めしている女性の処女をもらってきたのですが、これが本当に全く経験が無くオナニーもほとんどしたことが無いってことだったので、正直結構難しかったです。

以下ざっくりとその女性のスペック。

  • 28歳、身長158cmでスレンダー体型のDカップ。顔は中の下、可もなく不可もなくってところ。
  • 最初に付き合った相手に無理矢理押し倒されそうになったのがトラウマで、以後セックスを匂わせるような雰囲気がダメになったらしい。
  • 現在も付き合っている男性がいるがやはりそういう雰囲気になると怖くなって逃げてしまうし、それに自分が処女だとバレたくないとも思っている。
  • しかしそろそろいい歳だし、今付き合っている相手との将来のことも考えれば克服しなければと一念発起。
  • アウトドア全般が趣味。そのため体つきは出るとこ出て締まるとこ締まってる。特に腰のくびれがやばかった、モデルでもここまではいないだろってぐらいソソる腰つき。
  • 処女膜ぶち破った直後はあまりの痛さに思わず体育座り(笑)
  • 別れ際に「今日はありがとうございました。」と丁寧なお辞儀。

中の下とはいえそこまでブサイクって訳でもないですし、性格もスタイルも良い感じなので人並みにはモテる様子ですね。

こういう女性がセックスを好きになれないまま枯れてしまうのは男としては許せないので、彼女の処女を過去のトラウマごともらってきてあげたという訳さっ!( ー`дー´)キリッ

処女は何歳までなら恥ずかしくない?許される年齢と男女別の考え方

このページに訪れるほとんどの方が、異性関係や経験に対する悩みを抱えていると思います。

いつになったら彼氏ができるのだろう、いつになったら初体験ができるのだろう、自分だけが取り残されているのではないだろうか、もしかしたら一生このままなんじゃないだろうか、そういった不安ですね。

実際のところ処女というのはそこまで不安に思うようなことではないのですが、その反面でタイムリミットのようなものが世間的に認識されているのも事実ではあります。

処女というのは一体何歳まで許されるものなのか、恥ずかしくないものなのか、分析してみたいと思います。

処女を捨てることが女性としての最終目的ではない

ロストバージンを応援することが主旨のこのページカテゴリーですが、先日読者の方から「若い時分に、処女/非処女と区別されることが、性行為に対する嫌悪感に繋がってトラウマとなってしまった」といった内容のメッセージをいただきました。

少なくとも私自身の身の回りではそういったことってなかったので、寝耳に水というか、まさに青天の霹靂というやつだったのですが、お話を詳しく聞いている内になるほど確かにそういったことはあるかもしれないと思うようになりました。

そこで本記事では、処女を捨てるとはどういうことなのかということについて、少し考えていきたいと思います。

処女を捨てる相手が見つからない場合

こちらはもういつだって処女を捨てられるように心の準備もできているのに、一向に相手が見つかる気配がない!

女の子がセックスの相手を見つけるのってそこまでハードルは高くないんですが、それでもまあめぐり合わせが悪くてそういった状況に陥ってしまうことってあると思います。

こういう時、ただ闇雲に行動しても心身ともに消耗してしまうばっかりです。

一体なぜ相手が見つからないのか、その原因から探していく必要があります。

23歳の処女の切実な悩みとその解決方法

「自分でもヤバいというのは分かってましたし、当時は一番の悩みのタネでした。」

そう答えるのは23歳まで処女を守り通してしまった社会人の女性Rさん。

去年ようやく初めての彼氏ができて念願の処女卒業を果たした彼女ですが、やはりそれまでの人生で「やりづらい」とか「早く終わって!」のように思った悩ましいシチュエーションがいくつかあったようです。

いよいよ本番!処女卒業の日までにやるべきこと

さてさて、お相手の男性が見つかり、さらにいい感じの雰囲気にまでなっているのなら、処女卒業まですでにカウントダウンの段階に入っていると言えるでしょう。

ただ、いきなりぶっつけ本番っていうのも少し怖いですよね。

どういった下着を付ければ良いのかとか、ムダ毛はどこまで気にするべきかとか、気になる点を挙げればキリがありません。

そこで、処女卒業の日までに最低限やっておくべきことについてお話ししたいと思います♪

処女を捨てる相手を見つけよう

以前の記事「処女を捨てる方法」にも書きましたが、物理的に処女を捨てる(つまり処女膜を破る)というだけなら、別に相手がいなくとも自分で指とかディルドとかを使えばできてしまいます。

ただそれだと、女の子としての経験値は1ミリたりとも上がりません。

やはり生身の男性と出会い抱かれてこそ一人前の処女卒業と言える訳ですが、だからと言ってそこら辺に転がってる男なら誰でも良いって訳でもないですよね。

せっかく処女を捨てるなら、それなりの相手を見つけて迎え入れたいと思うのが人情だと思います。

世の中には非処女を理由に離婚する夫婦もいるという事実

嘘のような本当の話ですが、世の中には自分が伴侶に選んだ女性が非処女だったということを理由にして、最終的に離婚にまで至るケースというのがあるそうです。

この話を友達から聞いた時、思わず私は「えっ!?マジで!?Σ(゚Д゚)」と大声を出してしまったのですが、まあごく少数ながらそういう悲しい夫婦が存在するということでしたね。

たかが性行為の経験のあるなし程度で離婚されてはたまりませんが、そもそも一体なぜ非処女を離婚の理由にされてしまうのでしょうね?

処女をオークションにかけるという愚行

インターネットが身近な物になってからか、最近では定期的に「自らの処女をオークションにかける、落札価格はXXX万円」みたいな海外ニュースを聞くような気がします。

中には6000万円以上の超高額で落札された女性もいるとかで、なるほどその金額なら確かに売っても良いかもなあ……なんて心が揺らいでしまいますね(笑)

しかし、現実的に考えれば、処女をオークションにかけるというのは愚かな行為だと私は思います。