meetroid

AIで出会いを科学するWEBメディア

「特集」の記事一覧

「処女=重い」は本当?彼女が処女だった時の男の心理と本音

女の子が自分が処女だという事実を気にするのは、主に周りの人にどう思われるかが気になるからだと思います。

特に初めて男の人と付き合うことになった時なんかは、「いい年して処女だなんてバレたら、この人はどう思うだろう?」というのが漠然とした不安となって襲いかかってきますよね。

「処女は重い」

「処女はめんどくさい」

面と向かってそんなことを言われたら、きっとしばらく立ち直ることはできないでしょう……。

そこで、実際に彼女が処女だった場合に男の人はどう感じるのか、男の人の心理や本音について調査しましたので記事にしたいと思います。

一生処女のままで生きるということ

インターネット上の掲示板などを見ていると、20代~30代ぐらいの女性と思しき人が「私、一生処女かもしれない」みたいな書き込みをしているのをたまに見かけます。

半分は冗談(愚痴)で半分は本気の悩みなのでしょうけれど、一生処女のままで生きるというのを現実的な問題としてとらえると物凄い深刻な話なのだというのは言うまでもないと思います。

そこで本記事では「一生処女かも~」などと愚痴ってしまいがちなあなたを戒める意味を込めて、一生処女のままで生きるということがどういうことなのかを考えて行きたいと思います。

処女は捨てるべき?それとも守るべき?処女卒業のタイミングを考える

世間一般的には、女性は男性に比べて性体験に対して慎重になるようにと教えられてくると思います。

特に若い女の子がセックスをすることはタブーのように扱われている節があります。

まあ確かにセックスというのは子供を作る行為ですし、実際に子供を産まなければならないのは女性の方なのでタブー視してしまうというのも一理あります。(若すぎる出産は色々と危険が伴いますしね)

しかし、いつまでもタブー視し続けるのにも問題があります。

これはありそうで無かった……ように思えて実際あった怖い話ですが、20代までは恋愛禁止やら門限厳守やらめちゃくちゃ厳しく育てられた女性が、30代になってからある日突然両親から「お前、結婚はまだなのか?」と言われたってやつです。

あなたはこの話を聞いてどう感じましたか?

あなたがこの女性(厳しく育てられた娘)の立場だったら、どんな反応をすると思いますか?

「いやいやいやいや!頭おかしいのかこの親は!?」

「お前らが私を縛り付けてきたんだろうが!?」

「30過ぎて処女の私に今さら嫁の貰い手が来てくれると本気で思ってるのかこの毒親どもが!今日この日この場所で縁を切ってやる!!!(# ゚Д゚)ゴルァ」

私がこの女性の立場なら、その時まで両親だと思ってた一組の肉の塊に対してそう吐き捨てることでしょうね。

このように、女性にとってはいつ恋愛していつ処女を捨てるかというのが、人生において結構大きい悩みの種だったりもします。

自分の処女の価値を知ろう

「処女の価値」って言うと何だか女性を馬鹿にした感じで私は嫌なのですが、世間の話を聞いていると男女問わず若い人ほどそういったものに執着しがちなのもまた事実かなと感じます。

まあ海外では自分の処女をオークションにかけた~みたいな話もありますので、処女というものには確かに一定の価値があるのかもしれません。

では一体、処女にはどのぐらいの価値があるのか、ちょっと真面目に考察してみたいと思います。

処女を早く捨てたいと焦る前に、少し周りを見渡してみよう

男女平等の時代だからかは分かりませんが、大昔なら尊いものとされてきた女性の処女というものが、最近では恥ずかしいものといったイメージが定着しつつあります。

確かに、すでに結婚して子供がいてもおかしくない歳の女性が処女だったりしたら、周りの人は少しびっくりするかもしれません。

ただそれでも、自分が処女を捨てられないからといって焦りを感じるのは、少し違うような気が私はします。

その焦りが本当に正しいものなのか、今一度周りを見渡して考えてみましょう。

処女を捨てたい!今すぐ確実に処女を卒業する方法

処女を捨てたいという願望は、年頃の女性なら誰もが抱くごく普通の感情だと思います。

今、この記事を書いている私もかつては処女でしたし、当然その頃は「早く処女を捨てたい」「誰とどんな初体験になるんだろう」みたいなことを、クラスの友だちとかしましく話していたことを覚えています。

「なるべく早く捨てたいよね」

「20歳までには絶対捨てたい!ヤラハタはぶっちゃけヤバい」

「最悪、大学卒業までには処女は捨てたい」

こんなことを、3~4人ぐらいのグループでたまに話していましたね。

今となっては遠い昔ですが、ああ、若かったなって思います(笑)

さて話が少し脱線しましたが、今このページを開いているあなたは、まさにこの「処女を捨てたい」と切に願っている女性なのだと思います。

「どういう風に捨てればいいのか?」

「誰を相手にして捨てればいいのか?」

「その捨て方は本当に捨てたと言えるのか?」

色々な疑問と悩みを抱えながら、悶々とした日々を過ごしていることでしょう。

その気持ち、超わかる(本心)

そこで本記事では、あなたが100%確実に処女を卒業したと思えるやり方で処女を捨てる方法をご紹介します!

あなた自身が無理してがんばる必要もなく、経験豊富な男性が、なるべく痛くないようにやさしく初体験を済ませてくれる、そういう方法です。

おそらく他のサイトでは提供されていない方法でしょうし、予告なく提供をやめるかもしれない期間限定の方法です。

ご興味のある方だけ、ぜひこの先を読み進めてください。

できるだけ高値で処女を売る方法とは?

援助交際という言葉が比較的世の中に知れ渡っている現代社会です(ほんの一昔前まではいわゆる隠語だったんです)が、この言葉を初めて聞いた時、まあ何と言うか性に対して物凄く割り切った考え方ができる女の子が昔に比べて増えているんだなといった印象を私は受けました。

ただ、そんな世の中でもさすがに自分の初めて……つまり処女を売りに出す女の子というのはいないだろうと思っていたのですが、ネットアンケートなどで調べてみると処女を売りたいという願望を持っている女の子も結構いることに驚きました。

個人的には金銭を目的にしてセックスをする、ましてや自分の初めてすら売り物にするというのはあまり良いこととは思えないのですが、それでも1つの知識として正しい情報を提供するためにこの記事を書こうと思います。

多分、あなたが思っているほど高値では売れないと思いますので、できることなら処女を売りたいなどと馬鹿なことを考えるのは止めておいた方が良いですよ。

ぶっちゃけた話、処女はお金になるのか?

改めて言うまでもありませんが、処女がお金になるのか……つまり処女を売ることができるかと言われれば、できるというのが答えでしょう。

処女はお金で売ることができます。なぜなら買う人がいるからです。

女の子の処女というものに価値を感じ、お金を出してでもそれを買いたいと思う人が世の中には少なからずいます。

そういう人に話を持ちかければ、おそらく処女を売ることができるでしょう。

22歳大学生Sさんの処女卒業体験談

私は出会い系サイトで年上の男性と知り合い、処女を卒業しました。

実は私はアトピー性皮膚炎で、小さい頃から肌ケア関係では物凄く苦労をしてきました。

その甲斐もあって顔や手足などの体の目立つパーツはそれなりに綺麗に保っていられたのですが、どうしても背中や腰などは寝ている時に掻きむしってしまうらしく、いつもかさぶたと傷跡だらけでした。

そんな青春を送っていたので当然彼氏の前に裸になるなんてことはできず、付き合った彼氏はみな「セックスをさせてくれないから」と言って去って行きました。

彼と出会ったのは、気がつけば大学の卒業も決まり、毎日をぼんやりと過ごしていた時期だったと思います。

22歳保育士Kさんの処女卒業体験談

私の処女卒業は22歳の時でした。

当時私は自他共に認めるゲームオタクで、いわゆる喪女(モテない女)ってやつでした。

そんな中、同じネトゲで知り合った人がゲームを引退すると言ったので、何となく私はその人と離れたくなくて自分の連絡先を教えたんです。

なぜあの時彼に連絡先を教えたのか今でもよく分からないのですが、とにかくその時はもう反射神経が私の体を動かしていました。

そしたら彼も「じゃあ今度一緒にご飯でも行こうか」と誘ってくれたので、私も「別に良いけど~、美味しいもの食べさせてね?」と余裕のある女っぽく返したんですが、内心ではとても舞い上がっていたのを覚えています(笑)