meetroid

AIで出会いを科学するWEBメディア

「特集」の記事一覧

ネットで出会い系をやっていたら超デブのボストロールが現れた

これは随分昔の話になりますが、私が実際に体験した実話です。

はっきり言って、今思い出しても酷い実話です。

2000年ぐらいの話だったでしょうか、当時は出会い系と言ってもウェブサイト上のチャットや掲示板が全盛期で、かつ携帯電話も絵文字なんてオシャレなものは無く、ただ文字を打てるだけ。

もちろん携帯カメラもありませんから、写メ(写真をメールで送ること)なんてのも存在しませんでした。

そしてその頃私は、いつも夕方になると決まってこちらの「名物チャット館」というサイトにアクセスしていました。

今はもうここでチャットをする人などいませんが、当時は常に全てのルームに4~5人ぐらいが、多い時には10人ぐらいの人がいて、とても賑わっていました。

人生で初めてHIV(AIDS・エイズ)性病検査を受けて来ました!

今の日本で性病の検査を受けようと思うと、選択肢は「検査キット」「病院」「保健所」の3つがあります。

このうち「検査キット」「病院」は検査の内容によって5,000円~20,000円ぐらいかかってしまうのですが、「保健所」ならばこれを無料且つ匿名で行なってくれるのです。

その代わり、保健所は検査日時が限定されているのと、検査の種類が少ないというデメリットがあるので、病院などと比べて一長一短ではあるのですが、お財布にはとにかく優しいので条件の合う方にはオススメです。

という訳で今回私は、健全なヤリチン男子としての責任を果たすために、生まれて初めて性病検査を受けることにしました。

童貞にも価値がある!ウブな男を狙うヤリマン肉食女子と母性本能女子

昔から、世界には処女崇拝の文化があるのは誰もが認めるところではないでしょうか?

例えば、キリスト教では処女(主に聖母マリア)が神聖視され、またイスラム教では結婚前の女性がセックスをすることは重罪とされています。

また、アフリカを中心に「処女性を保つため」という名目で、女性器のクリトリスを切除する(通称FGM、あるいは女子割礼)風習もあったりします。

このように世界的に見ても、処女という存在は信仰・崇拝の対象であり、価値があるものとして評価されているのです。

そしてこれと同じように、ある特定の層にとっては、童貞には一定以上の価値があるようです。

もしあなたが童貞であるなら、これは朗報ではないでしょうか?