meetroid

AIで出会いを科学するWEBメディア

「処女を捨てたい」の記事一覧

一生処女かも!?焦りと不安を感じた時にするべき3つの行動

普段は気にしてないけれど、ふとしたことで自分がまだ処女だということを思い知らされる場面ってあると思います。

そしてその度に「自分はいつ処女を卒業できるんだろう?」とか、「もしかしてこのまま一生処女のままなんてことは?」とか考えて焦りや不安を感じてしまう……あるあるですよね。

そんな時、一体どういう行動を取れば良いのか?

焦る気持ちにさいなまれた時にするべき3つの行動についてお話しします。

なぜ処女が捨てられない時代になったのか?男女平等の裏に潜む罠とは

最近になってテレビや雑誌などでよく取り上げられる「セックスに興味が無い系男子」をあなたはご存知ですか?

セックスに興味が無い系、言い方を変えれば「草食系男子」とか「ソフレ(添い寝フレンド)男子」のように表現されていたりもしますね。

それだけならまだしも、性別の垣根を飛び越えて「女装子」「男の娘」のようなトランスセクシャルな男性の存在までもが社会的に認められ始めてきているのです。

これにはまあ私もびっくりしました!

まあとにかく、80~90年代の頃のような男らしくガンガン生きる男性が減り、代わりに女の子の体への興味が薄いナヨナヨとした男性の数が増えてきているんだそうです。

そうなると当然、私たち女性の側も男性と付き合えない人の割合が増え、結果としていい年になっても処女や童貞が捨てられない時代になってしまっているのです。

一体なぜこんなおかしなことになってしまったのでしょうか?

22歳、それは最も処女を捨てるべき年齢!その理由とは?

22歳というと、一般的な人なら4年制の大学を修了してちょうど社会に出る時期でしょうか。

楽しかった青春時代を終え、いよいよ大人としての仲間入りを果たす、そんな頃合いです。

ただ、これからの輝かしい未来が見える一方で、22歳にもなって未だに処女のままという事実に絶望を感じる女の子がいるのも現状だと思います。

実を言えば22歳で処女という女の子は、別段珍しいことではありません。

これは2010年に行われた厚生労働省の「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」のデータなのですが、20~24歳の間で性経験が全く無い人の割合が約40%もあったんだそうです。

ざっくり簡単に言えば22歳ぐらいなら約半数近くの女の子が処女だということなので、もしも画面の前のあなたが処女であったとしてもそこまでおかしいことではないのです。

処女だけどオナニーはした方が良い?それともやめた方が良い?

オナニー、保健の教科書ではマスターベーション(自慰)と呼ばれるものです。

まああれは何というか恥ずかしいと言うか生々しすぎて、友達同士でもあまり大っぴらに話せるものではありませんよね。

ただそれだけに、若かりし頃の私は「処女なのにオナニーなんてしてて良いのか?」と1人で悶々と悩んでいた記憶があります。

実際のところ、処女はオナニーをして良いのか?それともやめた方が良いのか?

医学的な見地や男性の心理なども交えてお話ししたいと思います!

執筆者の体験談

ちなみに私は高校の時、保険の先生(女の先生でした)にからかい半分で教科書のそれに関する部分を音読させられました(笑)

マ……までは言えたんですけどね、モジモジしてたら先生も満足したのか隣の男子に続きを言わせてました。あれは恥ずかしかった……!

痛くない処女卒業の仕方、破瓜の痛みを和らげる方法とは?

処女は卒業したい、だけど痛いのは嫌!

若い女の子の主張としてはごく自然で、私も昔はそんなこと考えてたなと微笑ましくもなります(笑)(*´艸`*)

ただまあ本人からすればそこそこ大きな問題で、普段から痛みに慣れていない子からすればそれは地獄のような痛みなのかもしれませんね。(私は運動部所属だったので痛み自体にはあまり抵抗はありませんでしたが……。)

そこで、これから処女卒業を目指す可憐な乙女たちのために、できるだけ痛みを和らげて処女卒業ができる方法をお教えしたいと思います!

処女のまま結婚したことを後悔している4つの理由

純潔を守ったまま大好きな人と結婚をする、年頃の少女なら誰もが一度は夢見たロマンチックなシチュエーションだと思います。

ただ、実際にそれで全ての方が幸せになれた訳ではなく、ごく一部ではありますが処女のまま結婚をしてしまったことを後悔している人もいらっしゃるようなのです。

そこで今回は、処女のまま結婚したことを後悔している理由について、アンケートを取った結果をお教えしたいと思います。

処女を捨てる方法、安心できるのはどれ?

さて、いよいよ私も処女を捨ててやるぞ!となった時、気になるのはその方法です。

アダルトグッズを使って自分自身で処女を捨てる方法から、実際に男の人に抱かれて処女を捨てる方法まで、いくつかの方法があると思いますが、一番大事にしたいのはやはり安心して捨てることができるのかという心と体の安全面の問題だと思います。

特にこれから先の人生を考えれば、体に傷がつかないこと、そして望まぬ妊娠をしないこと、この2点を必ず守れる方法を選びたいところですよね。

そこで本記事では女の子の心と体の安全を重視した、安心して処女を捨てられる方法について考えてみたいと思います。

「処女=重い」は迷信?彼女が処女だった時の男の心理と本音

女の子が自分が処女だという事実を気にするのは、主に周りの人にどう思われるかが気になるからだと思います。

特に初めて男の人と付き合うことになった時なんかは、「いい年して処女だなんてバレたら、この人はどう思うだろう?」というのが漠然とした不安となって襲いかかってきますよね。

では実際に彼女が処女だった場合に男の人はどう感じるのか、男の人の心理や本音について調査しましたので記事にしたいと思います。

一生処女のままで生きるということ

インターネット上の掲示板などを見ていると、20代~30代ぐらいの女性と思しき人が「私、一生処女かもしれない」みたいな書き込みをしているのをたまに見かけます。

半分は冗談(愚痴)で半分は本気の悩みなのでしょうけれど、一生処女のままで生きるというのを現実的な問題としてとらえると物凄い深刻な話なのだというのは言うまでもないと思います。

そこで本記事では「一生処女かも~」などと愚痴ってしまいがちなあなたを戒める意味を込めて、一生処女のままで生きるということがどういうことなのかを考えて行きたいと思います。

処女は捨てるべき?それとも守るべき?処女卒業のタイミングを考える

世間一般的には、女性は男性に比べて性体験に対して慎重になるようにと教えられてくると思います。

特に若い女の子がセックスをすることはタブーのように扱われている節があります。

まあ確かにセックスというのは子供を作る行為ですし、実際に子供を産まなければならないのは女性の方なのでタブー視してしまうというのも一理あります。

しかし、いつまでもタブー視し続けるのにも問題がありますよね?

これはありそうで無かった……ように思えて実際ある話ですが、20代までは恋愛禁止やら門限厳守やらめちゃくちゃ厳しく育てられた女性が、30代になってからある日突然両親から「お前、結婚はまだなのか?」と言われたってやつです。

いやいやいやいや!頭おかしいのかこの両親は!?

どう考えたって無理だろう!?(# ゚Д゚)

とまあこのように、女性にとってはいつ恋愛していつ処女を捨てるかというのが、人生において結構大きい悩みの種だったりもするんですよね。