meetroid

AIで出会いを科学するWEBメディア

「処女を捨てたい」の記事一覧

自分の処女の価値を知ろう

「処女の価値」って言うと何だか女性を馬鹿にした感じで私は嫌なのですが、世間の話を聞いていると男女問わず若い人ほどそういったものに執着しがちなのもまた事実かなと感じます。

まあ海外では自分の処女をオークションにかけた~みたいな話もありますので、処女というものには確かに一定の価値があるのかもしれません。

では一体、処女にはどのぐらいの価値があるのか、ちょっと真面目に考察してみたいと思います。

処女を早く捨てたいと焦る前に、少し周りを見渡してみよう

男女平等の時代だからかは分かりませんが、大昔なら尊いものとされてきた女性の処女というものが、最近では恥ずかしいものといったイメージが定着しつつあります。

確かに、すでに結婚して子供がいてもおかしくない歳の女性が処女だったりしたら、周りの人は少しびっくりするかもしれません。

ただそれでも、自分が処女を捨てられないからといって焦りを感じるのは、少し違うような気が私はします。

その焦りが本当に正しいものなのか、今一度周りを見渡して考えてみましょう。

なぜ処女を捨てたいのかをもう一度考えよう

処女を捨てたいと一言で言っても、その動機はきっと人それぞれあると思います。

友達や周りの女の子が次々と初体験を済ませている中で取り残されるのが嫌だとか、恋人に「重い」と感じさせてしまうのではないかとか、まあとにかく色々あるでしょう。

ただ、個人的な意見を言わせていただくと、処女というのはそういった一時の感情で軽々しく捨てて良いものではありません。

処女を捨てるのは一瞬ですが、後々になって後悔してしまわないように、なぜ自分は処女を捨てたいと思っているのかをもう一度よく考えてみましょう。

できるだけ高値で処女を売る方法とは?

援助交際という言葉が比較的世の中に知れ渡っている現代社会です(ほんの一昔前まではいわゆる隠語だったんです)が、この言葉を初めて聞いた時、まあ何と言うか性に対して物凄く割り切った考え方ができる女の子が昔に比べて増えているんだなといった印象を私は受けました。

ただ、そんな世の中でもさすがに自分の初めて……つまり処女を売りに出す女の子というのはいないだろうと思っていたのですが、ネットアンケートなどで調べてみると処女を売りたいという願望を持っている女の子も結構いることに驚きました。

個人的には金銭を目的にしてセックスをする、ましてや自分の初めてすら売り物にするというのはあまり良いこととは思えないのですが、それでも1つの知識として正しい情報を提供するためにこの記事を書こうと思います。

多分、あなたが思っているほど高値では売れないと思いますので、できることなら処女を売りたいなどと馬鹿なことを考えるのは止めておいた方が良いですよ。

ぶっちゃけた話、処女はお金になるのか?

改めて言うまでもありませんが、処女がお金になるのか……つまり処女を売ることができるかと言われれば、できるというのが答えでしょう。

処女はお金で売ることができます。なぜなら買う人がいるからです。

女の子の処女というものに価値を感じ、お金を出してでもそれを買いたいと思う人が世の中には少なからずいます。

そういう人に話を持ちかければ、おそらく処女を売ることができるでしょう。

22歳大学生Sさんの処女卒業体験談

私は出会い系サイトで年上の男性と知り合い、処女を卒業しました。

実は私はアトピー性皮膚炎で、小さい頃から肌ケア関係では物凄く苦労をしてきました。

その甲斐もあって顔や手足などの体の目立つパーツはそれなりに綺麗に保っていられたのですが、どうしても背中や腰などは寝ている時に掻きむしってしまうらしく、いつもかさぶたと傷跡だらけでした。

そんな青春を送っていたので当然彼氏の前に裸になるなんてことはできず、付き合った彼氏はみな「セックスをさせてくれないから」と言って去って行きました。

彼と出会ったのは、気がつけば大学の卒業も決まり、毎日をぼんやりと過ごしていた時期だったと思います。

22歳保育士Kさんの処女卒業体験談

私の処女卒業は22歳の時でした。

当時私は自他共に認めるゲームオタクで、いわゆる喪女(モテない女)ってやつでした。

そんな中、同じネトゲで知り合った人がゲームを引退すると言ったので、何となく私はその人と離れたくなくて自分の連絡先を教えたんです。

なぜあの時彼に連絡先を教えたのか今でもよく分からないのですが、とにかくその時はもう反射神経が私の体を動かしていました。

そしたら彼も「じゃあ今度一緒にご飯でも行こうか」と誘ってくれたので、私も「別に良いけど~、美味しいもの食べさせてね?」と余裕のある女っぽく返したんですが、内心ではとても舞い上がっていたのを覚えています(笑)

19歳大学生Yさんの処女卒業体験談

私が処女を卒業したのは19歳になったばかりの頃でした。

彼との馴れ初めはまあよくある話で、当時私がアルバイトをしていたお店にいた2歳年上の彼と恋話をしていたら、段々とお互いに良い雰囲気になってきて、結局は彼の方から「付き合って欲しい」と言われ付き合うことになりました。

ただ、私は学生で彼はフリーターとそこまでお金がある身分ではなかったので、デートは主に彼の部屋でゲームをしたり漫画を読んだり、後は近所に買い物に出掛けたりとかでしたね(笑)

18歳会社員Oさんの処女卒業体験談

当時私はインターネットで知り合った同じ趣味の方と遠距離恋愛をしていました。

たまたま同い年であったため、そしてお互いに今まで一度も恋人ができたことがなかったため、気がつけば想い合う仲になっていました。

やっと私にも春が来たって、その時はそう思いましたね。

あと、恥ずかしい話ですが、正直当時から男女のそういうことに物凄く興味があってインターネットでもそういう写真や動画を探して見てたりもしましたので、ついに私も処女卒業かあ……なんて一人でニヤニヤしてた記憶もあります(笑)